福士加代子 笑顔の駅伝ラストラン「たすきをもらった感動、陸上の面白さ知った」

スポニチアネックス / 2020年11月23日 5時42分

最後の直線で自身を追い抜いた豊田自動織機の籔下(左)にツッコミを入れるワコールの福士(撮影・河野 光希)

 ◇第40回全日本実業団対抗女子駅伝(2020年11月22日 宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台 6区間42・195キロ)

 駅伝ラストランとなったワコールのアンカー・福士加代子(38)はゴール直前でかわされるも、チーム最高タイの4位に「3番だったら最高だったけど、良い駅伝でした」と笑顔だった。

 20回目の出場に「陸上の面白さは駅伝で知った。たすきをもらった時に感動がありました」と万感の表情。1万メートルでの出場を目指す東京五輪を集大成と位置付け、12月の日本選手権に向け「まだいける、というところを見せたい」と意気込んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング