上白石萌音 今度は“鬼編集長”とバトル!「試練を与えられがち」

スポニチアネックス / 2020年11月23日 6時2分

TBSドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演する(左から)間宮祥太朗、菜々緒、上白石萌音、玉森裕太

 女優の上白石萌音(22)が、来年1月期のTBSドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜後10・00)に主演する。

 ファッション誌編集部を舞台にしたお仕事系ラブコメディー。上白石が演じるのは、田舎から上京した平凡な女子。偶然見つけた出版社の求人で備品管理部に採用されたが、配属先はなぜか編集部。ドSの鬼編集長の雑用係となり、がむしゃらに前に進んでいく。

 普通の幸せを手にしたい平凡女子と、24時間仕事モードの上司のバトルが見どころ。

 上司役は菜々緒(32)で「久しぶりにドSで強くてみんなを巻き込む役。凄く楽しみ」と意気込んだ。また、Kis―My―Ft2の玉森裕太(30)、間宮祥太朗(27)が演じる男性陣との恋模様も描かれる。

 上白石は今年の1月期火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」では、“魔王”と恐れられるドS医師(佐藤健)に恋する新米看護師を演じた。次の相手は“鬼”。「試練を与えられがち」と笑いながら、「真新しい気持ちで鬼と向き合っていきたい」と力を込めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング