[REPORT] “THIS IS INFINITE WORLD CONCERT”

THE FACT JAPAN / 2014年3月1日 16時3分

INFINITEが先月28日、ワールドツアー・アンコールコンサートを開いて意味深い時間を過ごした。|©Woollimエンターテイメン


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 「ワールドツアー、幸せな時間。ソウルで再会してうれしい!」

“ワールド・アイドル”の威厳はやはり違った。ソウルはもちろん、香港、日本、シンガポール、インドネシア、ニューヨーク、ワシントンDC、LA、上海、バンコク、台湾を占領した彼らは、さらに威風堂々だった。“バラエティ・アイドル”のあだ名が付けている彼らの話術は愉快だった。現場のファンと気さくにコミュニケーションし、音楽以上のアクティビティをプレゼントした。“万能アイドル”のコンサートは特別だった。群舞、個人舞台、ピアノ演奏、熱唱が調和を成し感動の公演が完成した。昨年のワールドツアーを成功的に成し遂げたボーイズグループINFINITEがアンコールソウル公演を設け、1万人と忘れない思い出を作った。
先月28日午後7時、ソウルのオリンピック公園体操競技場でINFINITEのワールドツアーのソウルアンコールコンサート「One Great Step Returns」が開かれた。昨年8月、ソウルを皮切りにワールドツアーをスタートしたINFINITEは、全世界のファンに感謝の心を込めて今回のアンコール公演を準備した。ワールドツアーの大長征を始めた出発点であるソウルで。

公演開始3時間前から、オリンピック公園体操競技場の周辺はINFINITEのファンで混雑した。会場に行く道にはINFINITEのファンが作った米の花輪と垂れ幕がいっぱいだった。1万のファンは舞台の上にメンバーが上がるまで、歌いながら応援した。これまでのINFINITEが発表した曲がミュージックビデオ映像と流れると、一斉に歓声が上がった。INFINITEと同じ所属事務所のロックバンドNellの新曲『地球が太陽を四回』のミュージックビデオも熱い反応を得た。
約束した時間が少し過ぎて、ついにINFINITEが舞台に立った。すごいオープニングだった。7人のメンバーが強烈な照明を浴びながら一人ずつ姿を現し始めると、ファンたちの叫び声で会場は一気に絶好調に達した。壮大なイントロ舞台が終わってすぐに、最近のヒット曲である『Destiny』が始まった。INFINITEのメンバーたちは『Destiny』、『TikTok』、『パラダイス』を相次いで熱唱して雰囲気をさらに盛り上げた。メンバーたちの顔は、すでに汗まみれになった。

3曲を終えた後、メンバーたちは、マイクを取った。リーダーのソンギュは「昨年8月に、ここでコンサートをしましたが、6ヶ月だけでまたここでアンコールコンサートを開くことになりました。ファンの皆さんとまた会って、本当にうれしいです」とあいさつした。ウヒョンは「6ヶ月間、海外にいた時、皆さんに本当に会いたかった。久しぶりに戻って会うことになりますが、きれいでオシャレで美しいですね」とファンの心を刺激した。
ソンギュは「僕達がワールドツアーを始めた時、応援する方もいれば心配する方も多かったです」とし、「無事に締めくくることができて、このようにアンコール公演をすることになって、本当に良い気持ちです」と付け加えた。ウヒョンは「6ヶ月間のワールドツアーしながら、おもしろくて記憶に残ることがたくさんあります」と話した。ドンウは「一人が生涯に流す汗をワールドツアーで全部流しました」としながら、「それでも、最も記憶に残るのは最初のスタートだったソウルでした」と叫んでファンを感動させた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング