「歌詞が扇情的すぎる!」4Minuteの新曲『入って』に地上波が放送不可と判定!

THE FACT JAPAN / 2014年3月14日 16時55分

4Minuteのメンバー・ヒョナとガユンがデュエットで歌う新曲『入って』が、SBSの審議より放送不可と判定された。|© CUBE Entertainment


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] ガールズグループ4Minuteがカムバックを控えるなか、新譜の収録曲『入って』がSBSの審議より放送不可判定を受けた。
4Minuteの所属事務所であるCUBEエンターテインメントの関係者は14日、<スポーツソウルドットコム>との電話取材で、「5thミニアルバム『4Minute World』の収録曲『入って』の歌詞の一部が扇情的と、SBSの審議で不可判定された」と明らかにした。
『入って』はメンバーのヒョナとガユンがデュエットで歌うユニット曲。愛する男に「私は、あなたがこういうスタイルなら嬉しい」というニュアンスで「今日は許してあげる」などの歌詞になっている。しかし特定の歌詞が扇情的と指摘されたという。
事務所の関係者は、「MBCの審議は通過しており、KBSは結果を待っている」としながら「『入って』がヒョナとガユンのユニット曲なため、ジヒョン・ソヒョン・ジユンのユニット曲と一緒にステージを用意していたが、厳しい状況になった。歌詞は修正しない予定なので、この曲でどのように活動するか現在論議しているところだ」と付け加えた。
一方、4Minuteは、来る17日の午前0時より新曲の音源全てを公開、本格的なカムバック活動に乗り出す。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング