「感激時代」側、「出演料は約束通り精算している」

THE FACT JAPAN / 2014年4月1日 10時44分

KBS2TV水木ドラマ「感激時代:闘神の誕生」の制作側は、「出演料は約束通り精算している」と、出演陣の訴訟説を一蹴した。|© KBS


[スポーツソウルドットコム|キム・ハンナ記者] 出演料の未払いで論争に巻き込まれているドラマ「感激時代」の制作側が、「出演料は支給している」と明らかにした。
KBS2TV水木ドラマ「感激時代:闘神の誕生」(脚本:パク・ゲオク、演出:キム・ジョンギュ)(以下、感激時代)の制作関係者は3月31日、<スポーツソウルドットコム>との電話取材で「今日まで支給することにした出演料は、現在精算しているところだ」と述べた。しかし関係者は、制作会社Ray&Moを相手に出演料未支給に関する出演陣らの訴訟準備説については「聞いていない」と伝えた。
ある韓国のメディアは同日、「感激時代」の出演料を支給されなかった一部の出演陣が訴訟を準備していると報道した。報道によると、Ray&Mo側はドラマの終演前まで出演料及び未支給された人件費を支給すると約束したが、守らなかった。これにRay&Mo側は、「3月31日まで入金する」と立場を伝えた。
一方、「感激時代」は、4月3日の終演まで2話分が残っている。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング