SM側「ヒョヨンに対する変なデマを流布した者、法律で厳しく対応する!」

THE FACT JAPAN / 2014年4月3日 11時31分

先月30日午前、少女時代のヒョヨンが知人の男性を暴行したとして警察から事情聴取を受けたことが明らかになった。しかしその後、ヒョヨンをめぐるさまざまなデマが韓国のネット中に広まった。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] 人気ガールズグループ少女時代のメンバー・ヒョヨン(24)が、知人男性との暴行騒動によるハプニングに続いて、“いじめ説”“自殺説”などのデマに巻き込まれ、所属事務所が立場を示した。
SMエンターテインメントは、「当社は、ヒョヨンと関連されたとんでもないデマを掲載、流布した者に対して、法律的に対応するために手続き及び検討に着手し、厳しく対処する計画だ」と2日、明らかにした。続いて「関連掲示物をSNS、ブログなど諸ウェブサイトなどに掲載したものは、直ちに削除することを要請する」と付け加えた。
ヒョヨンは先日30日、ソウル・西氷庫洞(ソビンゴ・ドン)にある知人の自宅を訪問し、知人男性のA氏とふざけ合っていたところ、ヒョヨンが2階から飛び降りようとするふりをして、それを制止しようとするA氏の手を振り払った。その過程でA氏はヒョヨンの手で目元を打たれ、つい腹が立って警察に通報した。その後二人は付近の警察署で事情聴取され、誤解が解き事件はハプニングで終わった。これにSM側は、「相手の方とはすぐ誤解を解いた。警察からは、過度ないたずらやふざけ合いはしないよう注意された。今後誤解を招くような行動はしないように気をつける」と報道資料を発表した。
しかし問題になったのは、その後インターネット上に広まったヒョヨンに関するデマだった。それによると、当時ヒョヨンが2階から飛び降りようとしたのは、メンバーらにいじめられて苦しんでおり、そのため自殺しようとしたという。この書き込みがネット掲示板などに掲載され、大きな騒ぎとなった。書き込みは30日午前、ヒョヨンの関連ニュースが報道された後、その1日中に作成されたものと知られ、全てが事実かのように拡散された。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング