ヒョンビンと“再会”できた「HYUN-BIN Japan Premium Event 2014~再会~」の全記録!オンエアも決定!

THE FACT JAPAN / 2014年4月3日 18時25分

©HB Company Japan  photo by Shin Yamagishi


[スポーツソウルジャパン|編集局]  ヒョンビンの除隊後初となるファンミーティング「HYUN-BIN Japan Premium Event 2014~再会~」が去る2月に開催された。2010年4月以来となる日本でのファンミーティングに「久しぶりにお会いできてうれしいです。長く会えなかったので再会というテーマにしました。皆さんと一緒に旅をするような、今日はそんな時間にしたい」と白のスーツで登場したヒョンビンが挨拶。会場を埋め尽くした5000人のファンは、大きな拍手で再会の喜びを表し、ヒョンビンとのトラベルツアーがスタートした。


ドラマ『チング~愛と友情の絆~』のOSTから「僕のものにならない君」を歌い上げると、“再会”までの思いを綴った手紙を朗読。ファンへの感謝を素直に語るヒョンビンの言葉に会場は胸を熱くする。そして感謝の言葉通りに、ファンへのプレゼントや交流時間もたっぷりと用意していた。ヒョンビン自らがファンへのプレゼントとしてハート型チョコを作成。最終仕上げのサインを、韓流ファンにお馴染みのMC古家 正亨氏から「小さすぎ」と突っ込まれると、「余白の美ですよ」とクールに返すヒョンビン、そんな丁々発止に会場は大いに盛り上がった。
また質問コーナーでは、突然の指名に緊張して言葉にならないファンに「今晩、何を食べたらいいですか?」や「おすすめの場所は?」など逆質問でカバー。そんな気遣いに会場中があたたかな雰囲気に包まれる。


またインタビューコーナーでは、俳優ヒョンビンをクローズアップ。仕事の魅力ややりがいを「演じることはもちろん、ドラマや映画の現場が好き。芝居で表現する気持ちを、観ている人が自分自身に置き換えて共感してくれることが、とてもうれしい」と真摯に語った。
今春、韓国で公開される主演映画『逆鱗』について「朝鮮王朝時代の実話をもとにした作品で王の役を務めます。シナリオに細やかな背中の筋肉と書かれていたので(笑)、4カ月かけてトレーニングをして体作りに励みました」と役作りのエピソードを明かした。


さらに歌でもファンを大いに酔わせたヒョンビン。アップテンポな『Merry You』、歌詞のすばらしさを伝えたいと『昔の愛』を歌い上げた。そしてイベントの最後には、日本でも大ヒットしたドラマ『シークレット・ガーデン』のOSTより「その男」を熱唱。曲にあわせてペンライトの青い光が揺れる幻想的な光景は、ファンはもちろんヒョンビンの心に“再会”の記憶が刻みこまれたに違いない。少し潤んだ瞳で「ありがとうございます。愛しています」と締めくくったヒョンビン。最後の最後までファンを愛しむ空気に満ちたトラベルツアーとなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング