新人グループ GOT7の日本初ショーケース、列島全体が“揺れた”

THE FACT JAPAN / 2014年4月5日 16時49分

新人ボーイズグループGOT7が日本で初めてのデビューショーケースを成功的に終えた。|©JYPエンターテイメント


[スポーツソウルドットコム|ハン・ドンヒ インターン記者] 新人ボーイズグループGOT7が初めての日本ステージを成功的に終えた。
GOT7は4日、東京両国国技館でショーケース「GOT7 Showcase 1st Impact in Japan」を開催した。この日の午後4時と7時の総2回にわたって行われた今回のショーケースには、1万人以上の日本ファンが集結し、GOT7の日本デビューを一緒にした。
GOT7は、デビューアルバム「Got It?」の収録曲である『Hello』でショーケースの幕を開いた。続いてリード曲の『Girls Girls Girls』でステージを熱くさせた後、『Play Ground』、『I Like You』、『Follow Me』を次々と披露して、日本でのデビュー舞台を成功的に行った。特にGOT7のマーシャルアーツツリーキングとB-Boyが結合された派手なパフォーマンスは、ファンたちの歓呼を引き出した。
今回のショーケースにJYPエンターテイメントは、「JYPエンターテイメントの新人ボーイズグループGOT7が韓国デビュー3ヶ月だけで、日本で初のショーケースを盛況裏に終えた」とし「これからGOT7の日本での活動に多くの期待と応援をお願いする」と伝えた。
一方、GOT7は17日、大阪のZeep Nambaで二番目のショーケースを開催する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング