BIGBANGとPSYが所属事務所の株主になった!!韓国芸能界で最初

THE FACT JAPAN / 2014年4月8日 16時4分

歌手PSYとBIGBANGなどYGエンターテイメントの所属アーティストたちが株主となる。|チェ・ジンソク記者


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 歌手PSYとBIGBANGが自身たちの所属事務所 YGエンターテイメントの株主となる。
8日、YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーとヤン・ミンソク代表取締役は、同社の大株主として、それぞれ行使できる新株引受権の一部を所属歌手と演技者に譲渡した。それによって新株引受権のうち、合わせて8万1400株がPSYやBIGBANGなどの18人に配分される。
大株主と所属事務所の代表がアーティストたちに自身の新株引受権を譲渡したのは、韓国エンターテイメント業界では初の事例。所属アーティストである18人はYGの有償増資に参加することになり、より積極的に会社の経営に参加することができる。
YGは去る2月14日に理事会を開き、512億ウォン(約50億円)規模の有償増資を決めた。今回の有償増資は、株主割り当てを行った後に“失権株の一般公募方式”で実施する。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング