ロックバンドBuzz、活動再開を宣言!“8年ぶりの再結成”

THE FACT JAPAN / 2014年4月10日 15時53分

解散説が浮上していたBuzz(写真)が、Brown Eyed Soulの所属事務所であるサンタ・ミュージックと専属契約を結ぶことになり、バンドの復活を知らせた。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] ロックバンドのBuzzが、復活を知らせた。
Buzzのリーダーのキム・イェジュンは10日、公式ファンカフェを通じて、Buzzの再結成を公式化し、「新しい所属事務所のサンタ・ミュージックと契約した」と明らかにした。Buzzの再結成説は、先日6日に行われたベーシストのシン・ジュンギの結婚式に浮上された。ボーカルのミン・ギョンフンは2日、自身のファンカフェの掲示板にシン・ジュンギの結婚ニュースを知らせながら「ㅈㄱㅎ」(재결합:再結合)と、子音だけをとった意味深長な書き込みを掲載し、7日の結婚式場では、過去のメンバーたちが全員集まって祝歌を歌っている写真などが公開され、ファンの間では彼らの再結成を予想する期待の声が上がっていた。
その予想通り、Buzzのメンバーたちは昨年12月、ミン・ギョンフンが軍を除隊してからしばしば会うこととなり、バンドを再結成することに決定したという。その後メンバーたちは、新しい所属事務所を捜すことになり、デビュー時から縁を維持してきたサンタ・ミュージックと契約を結んだ。今後の活動に関しては、メンバーらとの協議を通じて、具体的な活動計画が決まる予定だ。
サンタ・ミュージック側は、「誰よりもBuzzを長く見てきたので、彼らの音楽的な悩みについてよく知っている。Buzzならではの色を生かせられるように努力していきたい」と期待を寄せた。
Buzzは2003年、1stアルバム「Morning Of Buzz」でデビューし、これまで『モノログ』『Don't Know Man』『臆病者』など、数々のヒット曲を生み出してきた。しかし、2007年になって4人のメンバーがチームを脱退し、既存メンバーのギターのユン・ウヒョンに、新しくミン・デホンが入ることになって、2人バンドとして活動した。しかし、その二人も昨年、所属事務所との専属契約を終了となって、解散説が提起された。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング