FTISLANDのファンたちが「セウォル号惨事」に募金と救護物品を伝達!

THE FACT JAPAN / 2014年4月21日 18時5分

FTISLANDのファンらがセウォル号沈没事故で、現場で行方不明者を待ちわびている家族たちに救援物資を寄付した。|ナム・ユンホ記者


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] セウォル号沈没事故が起きてから6日目、全国民が悲しみに浸った中、アイドルのファンたちが率先して寄付活動に乗り出している。
EXO、INFINITE、VIXX、IUのファンに続いてバンドアイドルFTISLANDのファンも温かい哀悼の意を表した。メンバーたちのファンクラブであるNCイ・ジェジン、ホン・スタードットコム(イ・ホンギのファンクラブ)、STYLE(チェ・ジョンフンの公式ファンクラブ)、BABYLOVE(チェ・ミンファンのファンページ)などは、直接集めた寄付金100万ウォンと救援物資のTシャツ150枚などを21日、被害者の家族がいる珍島体育館に送った。
これは、行方不明者を待ちわびている家族らに伝えられ、疲れた心身を癒すのに有用に使われる見込みだ。FTISLANDの所属事務所の関係者は<スポーツソウルドットコム>に「ファンの温かい心である。セウォル号の行方不明者の無事帰還と、それを待っている家族の方々に少しでも力になってほしい」と述べた。
一方、16日午前8時55分頃、韓国南部・珍島近くの海上で済州島に向かっていた旅客船セウォル号が沈没。同船には安山(アンサン)檀園(タンウォン)高校2年生の生徒と教師など476人が乗っていたことが分かった。事故から6日目の21日午前11時あたり、64人が死亡し174人が救助された。238人は今だにも行方不明になっている。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング