カムバックと同時に「セウォル号沈没事故」...歌手たちは今?

THE FACT JAPAN / 2014年4月24日 16時24分

セウォル号の惨事直前にカムバックしたBlock.B、パク・シファン、EXO、15&(左上から時計回りに)が、国家的な災難に哀悼の意を示し、活動を無期限延期した。|イ・セロム記者、キム・スルギ記者、YouTube


[スポーツソウルドットコム│パク・ソヨン記者] セウォル号沈没事故で韓国歌謡界が止まった。カムバックを準備していたアイドル・グループたちは一斉にスケジュールを先送りし、各種の音源チャートには新曲より既存曲のランクインが続いている。事故直前にカムバックしたグループは国家的な災難で仕方なく足を止めたが、恨みより哀悼の心で別の時を待っている。
事故前日にカムバックショーを開いたEXOも事故の犠牲者と遺族たちのために活動計画を変えた。活動を全面的にストップしたのだ。今だにも具体的なカムバック日程をとっていないが、所属事務所のSMエンターテイメント側はアルバム発売を無期限に延期して、新たな時を狙っている。
17日のカムバックを予告したBlock.Bは、14日に公開した新曲『JACKPOT』のミュージックビデオでファンをなだめている。『JACKPOT』のミュージックビデオは、動画専門サイトYoutubeで公開1週間で1万ビューを突破した。Block.Bは本格的に活動を繰り広げる前にミュージックビデオで人気のエンジンをかけ、注目を浴びている。
彼らはセウォル号事故がある程度収束されて国の雰囲気が安定すると、準備した新曲で慎重に活動を始める計画だ。こうなると、来月の5月にカムバック歌手たちのラッシュが起きる見通しだ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング