「ミュージックバンク」、25日(今日)もキャンセル...「哀悼の意を共に…」

THE FACT JAPAN / 2014年4月25日 13時41分

音楽番組「ミュージックバンク」がセウォル号の惨事に対する追悼の雰囲気に賛同し、25日の生放送をキャンセルした。| KBS2TV「ミュージックバンク」のホームページ


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] セウォル号沈没事故が発生してから10日目の25日、KBS2TVの「ミュージックバンク」が追悼の雰囲気に応じて2週連続欠放することにした。
「ミュージックバンク」は、事故発生の翌日17日に続き、今日の25日の生放送もキャンセルすることを決定した。公式ホームページに「国民と哀悼の意を共にして、やむを得ず放送スケジュールを全面取り消しすることになりました。あらかじめご了承お願いいたします」という文で生放送のキャンセルを発表した。
一方、16日午前8時55分頃、韓国南部・珍島近くの海上で済州島に向かっていた旅客船セウォル号が沈没した。同船には安山市に位置した檀園(タンウォン)高の2年生たちと教師など総476人が乗っていたことが明らかになった。事故10日目の25日午前9時を基準に、181人が死亡し174人が救助された。残りの121人はまだ安否が不明な状況。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング