中国版「スーパーマンが帰ってきた」側が盗作説を釈明!「KBSからの指導で制作」

THE FACT JAPAN / 2014年4月26日 13時44分

浙江卫视(ZjtvChannel)の「パパが帰ってきた」側は、KBS2TV人気バラエティ「ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」の盗作説について、公式的に釈明した。|提供:浙江卫视


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] 中国版「スーパーマンが帰ってきた」が盗作説に巻き込まれた中、該当番組を制作する浙江卫视(ZjtvChannel)の「パパが帰ってきた」側が、公式声明を発表し、盗作説を釈明した。
「パパが帰ってきた」の制作陣側は25日午後、公式Weiboに、韓国KBS2TVの人気バラエティ「ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」の盗作説と関連した釈明文を掲載した。制作陣は文章で「KBSのリアリティショー『スーパーマンが帰ってきた』の監督と作家、撮影チームが私たちの番組を専門的に指導してくれたことに感謝する」と明らかにした。続いて「『パパが帰ってきた』は、『スーパーマンが帰ってきた』の中国内唯一の合作パートナーとして、双方は多くの事前計画と撮影の準備作業を行ってきた。また、韓国側の豊富なリアリティショーの制作経験のおかげで『パパが帰ってきた』の制作陣はいっそう成長できた」と説明した。
一方、中国版「スーパーマンが帰ってきた」の「パパが帰ってきた」は、48時間を母親がいない状況で、父が一人で子供の世話するところを観察するリアリティー番組で、先日24日初放送された。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング