カン・ジファン、「“ビッグマン”で低迷しているKBSドラマに活力与えたい」

THE FACT JAPAN / 2014年4月28日 13時39分

俳優カン・ジファンがKBS2TVの新月火ドラマ「ビッグマン」に出演する抱負を明らかにした。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|キム・ハンナ記者] 俳優カン・ジファンが「ビックマン」に出演する抱負を明らかにした。
カン・ジファンは28日、ソウルのあるレストランで行われたKBS2TVの新月火ドラマ「ビックマン」(脚本:チェ・ジンウォン、演出:チ・ヨンス)で、「低迷しているKBSの雰囲気に活力を与える先鋒に立ちたい」と述べた。
彼は「KBS月火ドラマの沈滞した雰囲気と共に、セウォル号事件で国全体が落ち込んだ雰囲気なので、プレシャーがあります」とし「僕にできることは、演技的な部分から信頼を失わないことだと思って頑張っています」と強調した。 続いて、「自分のドラマがうまくできないと思って始める役者はおそらくいないと思います」としながら「キャラクター、演技、ストーリーなどすべての面で自信がありますし、期待しています」と付け加えた。
ドラマ「ビックマン」は、最低のチンピラであるキム・ジヒョクがある日、突然屈指の大企業の長男であるカン・ジヒョクになって起る事件・事故を描いた作品。カン・ジファンをはじめ、チェ・ダニエル、イ・ダヒ、チョン・ソミンが出演し、28日に韓国より初放送される。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング