「百想芸術大賞」TV部門の覇者は?!男は20代、女は30・40代

THE FACT JAPAN / 2014年4月28日 17時51分

キム・スヒョン、ユ・アイン、イ・ジョンソク(上左から)など20代の俳優と、イ・ボヨン、キム・ジス、チョン・ジヒョン(下左から)など30・40代女優らが「第50回 百想芸術大賞」のTV部門最優秀演技賞に名前を上げ、その人気を証明した。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] 20代の俳優と30・40代の女優らが「第50回 百想芸術大賞」のTV部門を掌握した。
今季のテレビでは、ユ・アイン、キム・スヒョン、イ・ジョンソク、チュウォンなどの20代の俳優らがシンドロームを巻き起こし、それと同時にキム・ジス、キム・ヘス、イ・ボヨン、チョン・ジヒョンなどの30・40代の女優らが大活躍したからだ。
28日、第50回の百想芸術大賞授賞式の受賞候補者とノミネート作が発表された。TV部門の中で視聴者の関心が最も多く集中されている競争部門は、男女最優秀演技賞。各部門の受賞候補が公開された中、俳優候補には20代の男性に集中された現象が見え、女優候補者には30・40代の中堅女優たちの善戦が目立っている。

まず、男性部門の最優秀演技賞候補にはキム・スヒョン、ユ・アイン、イ・ジョンソク、チュウォンなど20代の俳優らの間で、中堅俳優チョ・ジェヒョンだけが寂しく名前を上げている。
キム・スヒョンは上半期最高の話題作SBS「星から来たあなた」でト・ミンジュン役を務め、韓国はもちろん中国でも“ト・ミンジュン シンドローム”を巻き起こした。ユ・アインも総合編成チャンネルJTBC「密会」で恥ずかしがり屋の20歳の青年、イ・ソンジェに扮し、ヒロインのキム・ヒエと共に「密会」突風を導いている。
イ・ジョンソクはSBS「君の声が聞こえる」でイ・ボヨンと息を合わせ、20代の男性俳優の新たな選択肢として浮上した。また、一緒に候補者に名前を上げたKBS2TV「グッドドクター」のチュウォンもサーバント症候群を患うシオン役を完璧に消化して好評を受けた。唯一の40代の俳優で候補者になったチョ・ジェヒョンは、KBS1TVの「チョン・ドジョン」を通じて強烈な演技を見せ、他の候補者とそうそうたる競争を繰り広げる予定だ。

女性最優秀演技賞の候補は、10年目以上の女優たちの株が強気だ。キム・ジス、キム・ヘス、イ・ボヨン、チョン・ジヒョンなど30・40代の女優たちが候補者に選ばれた中、Araが唯一の20代の女優として名を上げた状況。
キム・ジスは、SBS「温かい一言」で夫の不倫によってすべてが変わってしまうソン・ミギョン役を引き受け、感情変化の幅が激しい印象的な感情演技で好評を受けている。KBS2TV「職場の神」で3年ぶりにお茶の間への復帰を成功させたキム・ヘスは、非正規員だけに固執する“ミス・キム”に扮し、ハキハキした話法で視聴者の共感を引き出した。
キム・スヒョン、イ・ジョンソクなどの「年下の男」と、それぞれ息を合わせたチョン・ジヒョンとイ・ボヨンも強力な受賞候補だ。チョン・ジヒョンは「星から来たあなた」でお高いながらも可愛いトップスター、チョン・ソンイ役を演じ、作品の大興行の主役になった。イ・ボヨンは「君の声が聞こえる」のチャン・ヘソン役でその演技力をもう一度認められた。このほか、ケーブルチャンネルtvNの「応答せよ1994」を通じて興行女優に合流したAraも、聞き良いなまりと吸引力のある演技で好評を博した。
一方、百想芸術大賞は来月9日、ソウル・慶煕大学の平和の殿堂で開かれる予定だ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング