ソ・イングク、今日新曲『BOMTANABA』発表...春迎えた“女心”を狙う

THE FACT JAPAN / 2014年5月14日 11時18分

ソ・イングクが14日、新曲『BOMTANABA』を発表する。|© Jellyfishエンターテインメント




[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者] 歌手と俳優の領域を行き来するソ・イングク(27)が、ニューシングル『BOMTANABA』を発表する。

ソ・イングクは14日昼12時、韓国の音源サイトに『BOMTANABA』の音源を公開する。『BOMTANABA』は、アコースティックギターのリズムの上にエキサイティングなブラスの演奏がソ・イングクの魅力的な声と調和した曲。特に女の子を愛するようになった時のわくわくを、コーヒーを飲んだ後に眠れない“カフェイン症状”に比喩した歌詞が印象的だ。
また、ミュージックビデオは、恋のことを感覚的な映像と奇抜なインフォグラフィックスの方法で演出し、曲の可愛らしさを一層高めたという評価を受けている。ソ・イングクはミュージックビデオで、女の子を恋することになった男を色とりどりの表情演技とジェスチャーで表現するなどソフトな魅力を見せる予定だ。
ソ・イングクの所属事務所側は、「一本のロマンチックコメディドラマを見せてくれるような感じで、イングクも曲をよく消化した。華やかな春の日に恋を始めようとする人々には、ピッタリな曲だ」と多くの関心を呼び掛けた。


ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング