SHINeeミンホ&EXOルハン「アイドルフットサルW杯」でチーム勝利導いた!

THE FACT JAPAN / 2014年5月27日 10時25分

EXOのルハン(左)とSHINeeのミンホが、勝利の主役となった。|提供:MBC


[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] SHINeeのミンホ(22)とEXOのルハン(24)が、“SM体育ドル”としての真価を発揮した。
26日午後、ソウル・江西区(カンソ・グ)にあるスポーツワールド・室内体育館で、MBC特集番組「アイドルフットサルワールドカップ大会」の収録が行われ、ミンホとルハンが属したAチームが、Cチームを相手に8:1で勝利した。
Aチームの初ゴールはミンホが記録。前半が始まってからまもなく、ミンホは奇襲的な左キックでシュート。U-KISS スヒョンの守備をやぶって見事なゴールをみせた。ミンホは客席に向かって投げキッスを披露、すてきなセレモニーでファンらを熱狂させた。その後もミンホの活躍は続いた。B1A4のバロとLUNAFLYのSAMのアシストを受け、強力なシューティングをみせたが不発。しかし前半8分、再びSAMのアシストで中距離シュートを成功させた。
前半ミンホの活躍が際立ったなか、後半はルハンの活躍が視線を集めた。ルハンは前半でゴールキーパーの背を越えるゴールと、すてきな中距離シュートで2得点を記録。後半5分には、ゴールキーパーとマンツーマンで対面した状況でも恐れずにゴールネットを揺らした。またその2分後、シウミン(EXO)のアシストを胸で受けながら相手チームの守備3人を正面突破してハットトリックを記録したルハンは、シウミンと抱擁しながら喜んだ。同日試合は、ミンホとルハンが多得点を記録し、チーム勝利に貢献した。後半終了前、U-KISSのスヒョンが1ゴールを記録したが、Aチームの勢いを沈めるには力不足だった。
一方、MBC「アイドルフットサルワールドカップ大会」は、2014年ブラジルW杯の成功を祈願するために企画された。番組にはSHINee、EXO、INFINITE、ZE:A、B1A4、TEENTOP、Block.B、U-KISS、VIXX、Tasty、GOT7、M.Pire、Boys Republic、ToppDogg、OFFROAD、大国男児、カムルチ、100%、A-JAX、C-CLOWN、MYNAME、SoReal、Sean Lee、LUNAFLYのメンバーらが出演。来月初旬に放送される予定だ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング