“交通事故” Dal★Shabetスビン、28日に手術…

THE FACT JAPAN / 2014年5月27日 11時20分

Dal★Shabetのメンバー・スビンが、舟状骨接合手術を受けることになった。|写真:イム・ヨンム記者


[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] 交通事故で舟状骨を骨折したガールズグループDal★Shabetのメンバー・スビン(20)が28日の午前、手術を受けることになった。
所属事務所側は27日、<スポーツソウルドットコム>に「スビンが舟状骨の接合手術を受けることになった。事故で右足の甲の骨が折れて、手術すれば早く回復できるという病院側の勧誘で手術を決めた」と明らかにした。
スビンは先日23日午後、釜山でバラエティ番組のロケを終えたあと、車でソウルに帰ってくるところ、蔚山(ウルサン)市付近の高速道路で、マネージャーの不注意な運転により搭乗した車が中央分離帯に突っ込む事故に遭った。事故後すぐ近くの病院に運ばれた彼女は、応急処置を受けたあと、翌日ソウル某所にある病院で精密検査を受けた。
所属事務所関係者は「手術すれば歩くには問題がないと思われるが、当分活動は無理なので1~2ヶ月程治療に専念する予定だ」と述べつつ「夏に発売を目標していた新しいアルバムは、スビンの手術経過をみてから時期を調整する」と説明した。スビンの容態については「ギブスしたまま安静にしている。ファンの方々には大変ご心配をかけて申し訳ない」と付け加えた。
一方、事故車を運転したマネージャーは鎖骨を負傷し、同じく入院治療を受けているところだ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング