ドラマ『キレイな男』6月27日KNTV独占日本初放送記念・オフィシャルインタビュー「チャン・グンソク編」

THE FACT JAPAN / 2014年6月7日 15時54分


Q 6月からKNTVにて『キレイな男』が日本初放送されます。恋愛ドラマはこれまでにもたくさんありましたが、『キレイな男』ならではの魅力を教えてください。ドラマに出演する際には、いつもキャラクターを重視しています。トッコ・マテは10人の女性と交際するんですが、女性によってアプローチ方法がそれぞれ異なるんです。そのため、ドラマの序盤で脚本家や監督とたくさん話し合いました。それぞれの女性と付き合う時に、自分なりのいろいろなスキルを表現することができ、別の女性と交際するたびに新しい性格、新しい人物となり、ヘアスタイルやファッションも変化します。そんなキャラクターを、もしかすると20代でしか演じられないかもしれないジャンルの作品で表現してみたいという気持ちがありました。
Q『美男<イケメン>ですね』でもそうですが、プリンスキャラの主人公が成長する過程が描かれています。その部分について、本作ではどのように感じましたか。プリンスというのが、どういう意味を持つのか、実は僕もまだよく分かりません。成長過程における痛みというのは、それを背景に野望を追うことができる原動力になると思います。プリンスかどうかは分かりませんが、見かけよりも、目には見えないもの、心の中に野望を秘めているというキャラクターが魅力的なのだと思います。
Q 共演者のIUさん、イ・ジャンウさん、ハン・チェヨンさんがキャスティングされたと聞いたとき、どんな風に思いましたか。また、イ・ジャンウさんとは10年前『ノンストップ』で共演したことがあり、ハン・チェヨンさんとは特別な関係があったと聞きました。特別な関係? 何だろう(笑)。最初にキャスティングされたのは僕でした。撮影するまえから制作者のもとに足繁く通い、シナリオなどについて監督と何度も話し合いを重ねたのですが、女優のキャスティングがとても難しかったんです。長い時間がかかりました。IUが出演すると聞いたとき、すごくありがたかったですね。役柄にも合っていたし、ボトンを選んでくれたことに感謝しました。撮影現場でも機転が利いて、上手に演じていました。僕がアドバイスをする必要もありませんでしたね。ジャンウ兄さんは、本当に10年ぶりに再会しました。すごく感動したというか(笑)、芸能界で10年間作品が目につかなければ、消えたと思われますよね。でも、10年間でお互い大きく成長し、ドラマの主演同士として共演できるようになりました。再会してとてもうれしかったです。ジャンウ兄さんも僕もキャンプが大好きなので、キャンプの話をしながら親しくなりました。チェヨン姉さんはドラマが始まる前から知り合いでした。一度食事をしたこともあります。撮影中にもたくさん話をしましたが、そのほか特別なことはありません(笑)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング