BOYFRIEND、「音楽中心」で華麗なカムバックステージを披露!

THE FACT JAPAN / 2014年6月8日 0時0分

BOYFRIENDが、MBC音楽中心「ショー!音楽中心」で新曲『OBSESSION』を披露した。|放送画面キャプチャー


[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者] 6人組のボーイズグループBOYFRIENDが、新曲『OBSESSION』で華麗なカムバックを知らせた。
7日午後放送されたMBC音楽番組「ショー!音楽中心」でBOYFRIENDは、2ndミニアルバムのリード曲『OBSESSION』を披露した。メンバーみんながホワイトカラーでコーデを合わせて登場したBOYFRIENDは、これまでのキュートなイメージを捨てて、タフな男に変身した新しい面貌をみせながら、個性あふれるパフォーマンスでステージを掌握した。
1年5ヶ月ぶりのカムバックを果たしたBOYFRIENDの新曲『OBSESSION』は、KARA、INFINITEなどのヒット曲を手がけた実力派作曲家Sweetuneの楽曲で、強烈なヒップホップビードと雄壮なブラスサウンドが印象的なアーバンヒップホップジャンル。歌詞は、愛する気持ちを許してくれない女性に、心の傷だらけになってしまった男の心境を表現している。
一方、同日「ショー!音楽中心」には、EXO、Fly To The Sky、ペク・チヨン、キム・ヨヌ、INFINITE、ZE:A、U-KISS、VIXX、ヒョソン(Secret)、BOYFRIEND、ジヨン(T-ARA)、G.NA、NC.A、15&、BTL、Bay.Bなどが出演した。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング