SUPER JUNIOR ソンミン、軍入隊“延期”…「今年はアルバム活動に集中」

THE FACT JAPAN / 2014年6月11日 14時42分

SUPER JUNIORのソンミンは、しばらく音楽活動に集中した後、軍に入隊する計画だ。|ナム・ユンホ記者




[スポーツソウルドットコム│パク・ソヨン記者] ボーイズグループSUPER JUNIORのソンミン(28)が今年に予定していた軍入隊計画を延期すると発表した。当分はSUPER JUNIORの活動に集中する計画だ。
所属事務所のSMエンターテイメントは11日、「ソンミンは、志願した第47次ソウル警察広報団の採用過程で最終的に応募しなかった」と明らかにした。所属事務所によると、ソンミンは今年の2月初めにソウル地方警察庁の警察広報団に志願し、1次試験に合格した。しかし、スケジュールの問題で体力検査や面接などを受ける第2次試験には出席できず、自然と警察広報団への入隊を諦めたという。
今後の計画については「これからソンミンは、SUPER JUNIORのアルバムやミュージカル活動に集中するつもりだ」と付け加えた。ソンミンは当分芸能活動に専念した後、来年以後に国防の義務を果たすとみられる。
一方、SUPER JUNIORは、今年の夏にニューアルバムのリリースを目標にして準備に邁進している。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング