“衝撃” 2NE1のBOM、麻薬密輸疑惑で摘発!!

THE FACT JAPAN / 2014年7月1日 9時44分

人気ガールズグループ2NE1のメンバー・BOMが、麻薬の一種であるアンフェタミンを密輸入した事実が明らかになった。|イ・セロム記者




人気ガールズグループ2NE1のメンバー・BOM(31)が、麻薬を密輸入した疑いで摘発された事実が明らかになった。所属事務所YGエンターテイメントは緊急会議を開き、対処方法について議論しているが、まだ公式立場を明らかにしていない。
BOMの所属事務所YGエンターテイメントは30日午後、BOMが国外郵便を利用して麻薬の一種であるアンフェタミンを密輸入した事実が報道された直後、「事態を把握中だ」と述べた後、これといった答えを出していない。押し寄せる取材要請も受け入れられない状態で、BOMに向けられた麻薬密輸、検察介入などの疑惑はさらに増幅されている。
同日午後、韓国のある媒体は、BOM が2010年10月12日、国際宅配便郵便を利用して麻薬の一種であるアンフェタミンを密輸入した疑いで摘発されたが、検察側が立件猶予でBOMの処罰を免じてやったと報道した。報道によると、BOMは、アンフェタミンの82錠を米国から密輸入していたが、仁川国際空港の税関に摘発された。しかし、検察側の介入で立件猶予を宣告され、捜査がそのまま終結したという。

これに関連して、事件を最初に報道したメディアは、「通常アンフェタミンの密輸犯は、初犯であっても、拘束捜査が原則。なのに立件すらしなかったのは常識的に理解できない」と検察の“手抜き”を批判した。
[THE FACT|ソン・ジヨン記者]

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング