ハン・ソッギュ、コ・ス、パク・シネ主演映画「尚衣院」がクランクアップ!今冬公開へ

THE FACT JAPAN / 2014年7月3日 19時43分

俳優ハン・ソッキュ、コ・ス、ユ・ヨンソク、女優パク・シネが主役を演じる映画「尚衣院」が2日、クランクアップした。|提供:映画社ピダンギル


ハン・ソッキュ(49)、コ・ス(35)、ユ・ヨンソク(30)、パク・シネ(24)など超豪華キャストに誇る映画「尚衣院」が、5ヶ月間の撮影を終えてクランクアップした。
制作会社の映画社ピダンギルは3日、映画「尚衣院」(監督:イ・ウォンソク)が2日、クランクアップしたと伝えた。「尚衣院」は、朝鮮時代に王室の衣服を管掌するところである尚衣院で、美しい服を巡って繰り広げる愛、才能、嫉妬、欲望を描いた時代劇。この独特な素材をストーリーとして採用し、実力派役者たちが大挙出演するだけあって、映画ファンの熱い期待が寄せられている。

撮影の終了後、4人の主役たちはそれぞれの感想を伝えた。まずハン・ソッキュは、「久々に時代劇に戻りました。トルソクという魅力的なキャラクターに出会え、夢中になって演技しました。スタッフらと役者みんなが和気あいあいとした中で撮影ができましたし、無事に終わったので嬉しいです」と述べ、コ・スは「普段から尊敬しているハン・ソッキュ先輩、またいい後輩たちと息を合わせることができて光栄に思っています。僕が演じたコン・ジンは、今までやってきたキャラクターとは違う人物でした。イメージ変身になっていると思うし、楽しみにしています」と期待を寄せた。
最近映画とドラマを行き来しながら精力的に活動しているユ・ヨンソクとパク・シネは、いつも撮影現場に活気を入れるムードメーカーだった。今作で初めて時代劇に挑戦したパク・シネは、「すばらしい先輩の方々、役者仲間たちと一緒に演技ができてとても幸せでした」と所感を語り、ユ・ヨンソクは「ハン・ソッキュ先輩の前で演技することは、すごく緊張するものでした。でもそれくらいたくさんのことが学べられた貴重な時間でもありました」と笑顔を浮かべた。

最後に「尚衣院」の演出を務めたイ・ウォンソク監督は、「俳優陣をはじめ、すべてのスタッフに感謝しています。特に主演俳優のハン・ソッキュさん、コ・スさんの安定的な演技力と、パク・シネさん、ユ・ヨンソクさんなどの若手役者たちの新鮮な演技が、描きたかった物語をうまく引き出してくれたと思います」と作品に対する自信をみせた。
映画「尚衣院」は後半作業を終えて、今年の冬に公開される予定だ。
THE FACT|ソン・ジヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング