“現実と想像”の11日間の旅「第18回PiFan」開幕!!

THE FACT JAPAN / 2014年7月18日 10時45分

第18回富川国際ファンタスティック映画祭(PiFan)が17日午後、京畿道富川市の富川体育館で開かれた。|富川=ナム・ユンホ記者




今年で18回目を迎えた富川国際ファンタスティック映画祭(以下PiFan)が11日間の映画祭をスタートした。「現実と想像の出会い」をテーマに掲げたPiFanは、今年も豪華なゲストのレッドカーペットイベントで開幕式を華やかに彩り、富川市(ブチョンシ)を熱く盛り上げた。
17日午後、京畿道富川市の富川体育館で第18回PiFanの開幕式とレッドカーペット行事が行われた。午後6時体育館の入り口で行われたレッドカーペット行事の際には突然雨が降り始まったが、華やかなスターたちが参加しているだけに、ファンの熱気は冷めることなく現場を盛り上げた。
PiFanの広報大使として務めているシム・ウンギョンをはじめ、ヒョンビン、ソン・イェジン、キム・ウビン、チョ・ジンウン、イム・グォンテク監督、アン・ソンギ、ムン・ソングン、チョン・ユミ、ヨヌ・ジン、ドヒ、カン・ハヌル、キム・ソウンなどがレッドカーペット行事に参加した。レッドカーペットを踏んだ俳優たちは、突然の雨にも明るい笑顔を失わなず、個性あふれる姿でファンにあいさつを渡した。色とりどりのスーツやドレスでおしゃれした映画人たちのファッションは、世界から集まった映画ファンに忘れなれない見どころになった。
しかし、主催側の粗雑な運営が指摘された。レッドカーペットの時には未熟な運営でレッドカーペットの上で並んで待つスターたちの姿が見えたし、外国人の俳優と監督の舞台挨拶の時には通訳も準備されなかったため、観客に挨拶すらろくに渡されることができなかった。
午後7時から開始された授賞式は、三部門に分かれて行われた。ジャンル映画の中で印象的な演技を見せた俳優に贈られる賞は、今年様々な作品で個性ある演技を見せたチョ・ジヌンが獲得した。チョ・ジヌンは、「PiFanに招待されたことだけでとてもありがたい気持ちだが、賞まで受けて感無量だ。カメラの前で真心を見せる俳優になりたい」と所感を伝えた。
富川市民が最も会いたい俳優に与えられる「ファンタジアアワード」部門の受賞者は、シム・ウンギョンとキム・ウビンが占めた。シム・ウンギョンは「感謝の気持ちでとても緊張している」と短く感想を伝えた。キム・ウビンは「昨日が私の誕生日だった。誕生日のプレゼントにファンタスティックな贈り物を受けた」と冗談を言い笑いを誘った。
プロデューサーが直接選んだ「プロデューサーズのチョイス」の受賞者は、ヒョンビンとソン・イェジンだった。ソン・イェジンは「プロデューサーが与える賞なのでもっと胸がいっぱいだ。これからもっと熱心に努力して影響力のある女優になりたい」と拳を握った。ヒョンビンも、「とてもありがたい。さまざまな作品でファンたちに会うように頑張っていきたい」と笑顔を見せた。
第18回PiFanは開幕式を皮切りに27日まで11日間の映画の旅をスタートする。一部のイベントで指摘されたPiFan主催側の未熟な運営が物足りなさを残したが、今年も映画祭を輝かせた華やかなスターたちと映画ファンたちの情熱のおかげで、PiFanの開幕式は盛況理に終わった。映画祭期間中は48カ国210編の作品が富川市内の劇場と富川市役所で上映される。
THE FACT|富川=ソン・ジヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング