“アイドル史上初”海洋観光都市の統営にB1A4の壁画ができた!

THE FACT JAPAN / 2014年7月19日 15時18分

© MBC MUSIC


東陂浪(トンピラン)壁画村に、B1A4の壁画が登場して話題だ。
4泊5日間、韓国の南海へ旅立ったB1A4のメンバーたちが繰り広げるドタバタ旅行記を描くMBC MUSICの新リアルバラエティ番組「B1A4のあるすてきな日」。その第1話では、メンバーらがキャンピングカーに乗って海洋観光都市で有名な統営(トンヨン)市に向かい、美しい壁画が有名な東陂浪壁画村を訪れる。
B1A4はユニークな壁画を鑑賞しながら感嘆の声をあげ、特にシヌゥは「今までこんなに美しい村は初めてだよ!」と東陂浪村の絶景に魅了された。せっかくの機会だけに、メンバーたちは意気投合して壁に下絵を描きはじめた。しかし、順調に進んでいると思いきや、出来上がっていく絵はなぜかおかしな形に… シヌゥは「村に迷惑をかけちゃいけない」と、普段からTwitterに直接描いた絵をあげて好評をうけているバロの指揮下に、壁画描きを仕切り直すことにした。だが、はじめは自信満々だったバロも、思い通りに行かなくて不安な顔を浮かべたという。さらには、シヌゥがバロを手伝う過程で大きなミスを起こしてしまったことで、メンバーらは、壁画挑戦をあきらめるしかないピンチを迎えた。
そんな厳しい作業過程と大きなミスにも関わらず、メンバーたちは最後まであきらめず粘り続けた。長い時間汗を流しながら頑張った末、ついにB1A4ならではの色が染められた壁画を完成した。メンバーたちはあふれる感動とともに、壁画に刻んだそれぞれの願いことや所感を語り、しばらく壁画を見守りながらもう一度感動を味わったという。
一方、東陂浪壁画村にアイドルとして初めて壁画を描いたB1A4は、グループ名から名づけた「B1A4の壁」を誕生させた。この壁はまだ公式的に知られていないが、すでにファンの間では話題になっており、統営(トンヨン)市のもう一つの名所として浮上している。
B1A4たちが心一つになって旅立つ「B1A4のあるすてきな日」は、21日(月)午後6時、韓国のケーブルチャンネルMBC MUSICで初放送される。

スポーツソウルジャパン|編集局

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング