イ・ビョンホン&チョ・スンウ主演の映画「内部者たち」、撮影スタート!!

THE FACT JAPAN / 2014年7月22日 13時37分

俳優イ・ビョンホン(左から)、チョ・スンウ、ペク・ユンシク主演の映画「内部者たち」が去る13日に撮影をスタートした。|提供 ホホホビーチ




俳優イ・ビョンホン(45)、チョ・スンウ(35)、ペク・ユンシク(68)が意気投合した映画「内部者たち」が、クランクインした。
22日、「内部者たち」の配給会社であるSHOWBOXは、映画のクランクインを発表した。最終的なキャスティングを終えた「内部者たち」は、13日にソウルにあるクラブで初めての撮影を始めた。
同映画は公開前からイ・ビョンホン&チョ・スンウ&ペク・ユンシクなどの豪華キャストで期待を集めている作品。ユン・テホ漫画家のウェプトゥン(ネットで連載する漫画)を原作に韓国社会の陰や腐敗などを“内部者”の目で告発する犯罪映画だ。
最初の撮影は、暴力団の組員のアン・サング(イ・ビョンホン)と首都日報の論説委員イ・ガンヒ(ペク・ユンシク)の初対面が描かれた。二人の俳優が噴出する圧倒的な存在感とカリスマあふれる芝居は、スタッフの皆を緊張させたという。
イ・ビョンホンは「情熱が感じられる現場だ。素晴らしい俳優と良いスタッフが一緒にして、きっと良い作品が出来ると期待している」と撮影に臨んだ感想を明らかにした。
成功に渇いたソウル地検特捜部の検事ウ・チャンフン役を演じるチョ・スンウは「個人的には3年間の長い待ちの末に出会った良い作品だ。意味のある作品に出会えてうれしい。加えて、最高の俳優・スタッフとの作業にも期待している」と拳を握った。大先輩のペク・ユンシクは「順調な船出。予感がいい」と語った。
初めての撮影で力強く動き出した映画「内部者たち」は、来年上半期の公開を目標に、撮影に取り組んでいく計画だ。
THE FACT|ソン・ジヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング