東方神起 ユンホ、「『トライアングル』は時々探して観ました」

THE FACT JAPAN / 2014年7月29日 16時12分

MBC新月火ドラマ「夜警日誌」の制作発表会が29日、ソウル・汝矣島にある63ビルで行われた。写真は、ドラマの主人公ムソクを演じるユンホ。|写真提供:MBC


東方神起のユンホ(28)が、ジェジュン、シワンが主役を演じるMBC月火ドラマ「トライアングル」を時々探して観たと明らかにした。
29日午後、ソウル・汝矣島(ヨイド)にある63ビルでMBC新月火ドラマ「夜警日誌」(脚本:ユ・ドンユン、パン・ジヨン、演出:イ・ジュファン)の制作発表会が行われた。会見後に行われた囲みインタビューで、ユンホは「ジェジュンさん、シワンさんが出演している『トライアングル』をどうみていますか?」という質問に、「日本から帰ってくるところだったので、時々探して観ました。お二人が演技されている姿をみて、僕ももっと頑張らなければと思いました」と感想を伝えた。ユンホは「『トライアングル』が『夜警日誌』の前番組でしたので、今作に良い影響が与えられたら嬉しいです」と述べつつ「それに劣らず、もっと一生懸命頑張って良い作品をお見せてしていきたいと思います」と覚悟を示した。
自分ならではの競争力については「ムソクというキャラクターには、とんでもない部分がありますが、それさえも真摯です。四字熟語や詩的なセリフを詠みますけれども、それはかわいく見えたり、真摯にも見えるかもしれません。こういう魅力に差があると思います」と自信を表した。
ドラマ「夜警日誌」は、朝鮮時代を舞台に、幽霊を利用しようとする者、幽霊を否定する者、そして幽霊を追い払おうとする者など、この3つの勢力の中で繰り広げられるロマンス活劇だ。「トライアングル」の後番組として、8月4日(月)夜10時、韓国のMBCチャンネルで初放送される。
THE FACT|イ・ダウォン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング