YG新人のWINNER、デビュータイトル曲が音源チャート席巻!

THE FACT JAPAN / 2014年8月12日 12時13分

新人ボーイズグループWINNERのデビューアルバム「2014 S/S」が発売されている中、アルバムのダブルタイトル曲『EMPTY』と『COLOR RING』が韓国の音源チャートを席巻している。|© YG Entertainment


YGエンタ発の新人ボーイズグループWINNER(カン・スンユン、イ・スンフン、ナム・テヒョン、キム・ジヌ、ソン・ミンホ)がデビューアルバムの発表と同時に音源チャートを席巻中だ。
12日午前0時から音源配信を開始したWINNERのデビューアルバム「2014 S/S」の中、タイトル曲の『EMPTY』(http://youtu.be/gEqlF5N8UMs)は同日午前9時を基準にMelOn、Bugs、Soribada、genie、Olleh、NAVER MUSIC、DAUM MUSIC、Monkey3、Mnetチャートなど韓国の9大音源で1位を記録した。
ダブルタイトル曲である『COLOR RING』(http://youtu.be/vQIfXg7UukI)は、配信直後各ポータルサイトの検索キーワードランキングを掌握し、音源チャートでも『EMPTY』のあとに続いた。この2曲の他に『Quit Playing』『あいつは強い』『告白するのだ』などの収録曲ほとんどもチャートの上位圏にランクイン。一部のサイトではWINNERの曲ばかりがチャートに入る珍風景をみせた。
昨年10月、MnetとYGによるサバイバルオーディション番組「WIN:Who Is Next」で最終優勝し、WINNERというタイトルを得られた彼らのデビューアルバムには、ファンも熱い好評を伝えながら高い関心を寄せている。
一方WINNERは来る15日、ソウル・蚕室メインスタジアムで開かれる「AIA REAL LIFE : NOW FESTIVAL 2014」でYG Familyコンサートのステージに立ち、公式的なデビューステージを披露する。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング