キム・ヒョンジュン側、公式釈明「常習的な暴行ではない」

THE FACT JAPAN / 2014年8月25日 10時2分

キム・ヒョンジュンが暴行致傷及び傷害の疑いで提訴されたことと関連して初めて公式立場を明らかにした。|ナム・ユンホ記者




歌手兼俳優のキム・ヒョンジュン(28)が最近浮上した暴行致傷及び傷害の疑いで提訴されたことと関連して、初めて口を開いた。
キム・ヒョンジュンの所属事務所キーイーストの関係者は23日午後、「元彼女と激しい口論があって、その過程で感情が激しくなり、お互いに衝突があったのは事実。しかし、マスコミの報道のように2ヶ月間常習的に暴行を加えたり、数回に渡って殴ったりしたという内容は事実ではない」と明らかにした。
続いて「事実関係を確認した結果、二人は去る2012年から知り合ったが、交際が始まったのは最近の数ヶ月間」とし「小競り合いも一度あっただけで、右肋骨の骨折については、今回の衝突で起きたことではなく、以前お互いにふざけあっていた過程で怪我したもので、その次の日に知人たちと一緒に過ごしながら活動したが、何の異常もなかったため、怪我をしたことを認知していなかった状況」と説明した。
同関係者は「告訴人の一方的な内容のみがマスコミに報道され、状況が事実と違って拡大誇張されている点については非常に残念に思う」とし「キーイーストとキム・ヒョンジュンは今後、正確な調査を行い、事実を明らかにするつもりであり、今後行われる警察の捜査にも誠実に臨む」と述べた。
また、「現在進められているスケジュールについては、事前に約束されていた部分で、既存のスケジュールは消化する計画」としながら、「今後、今回の事件が円満に解決されるように最善をつくし、当分の間自粛の時間を持つようにしたい」と頭を下げた。
一方、キム・ヒョンジュンは23日、タイで開かれる「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR “夢幻”IN バンコク」に参加するため、仁川国際空港から出国した。
THE FACT|イ・ダウォン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング