“いじめ疑惑”から2年!!T-ARAは立ち直れるのか

THE FACT JAPAN / 2014年9月9日 11時20分

T-ARAが完全体として11日にカムバックする。 




事件の余波は彼女たちを苦しませた。解明も涙も、背を向けた大衆の怒りを収めるには足りなかった。2年前の夏、メンバーのファヨンの脱退から起きた“いじめ疑惑”でドン底まで落ちたガールズグループT-ARAの話だ。
その事件後、T-ARAは『Sexy Love』(2012.9)、『ビキニ』(2013.8)、『NUMBER NINE』(2013.10)、『私、どうしよう』(2013.12)、『FIRST LOVE』(2014.2)などで着実に活動を繰り広げてきた。今年の5月には、メンバーのジヨンがソロで出撃し、一ヶ月後にはヒョミンまでチームを救うためにソロデビューした。しかし、期待以下の成績が続いた。ネットを中心に彼女たちに対する悪質な書き込みも続いた。
しかし、T-ARAは腰を折ることなく、もう一度6人の完全体として11日にカムバックする。所属事務所は、「EDMのジャンルであるBIG ROOMを導入して、洗練されたトレンディな色の音楽を発表する。誰でも簡単にまねできるダンスで、ダンスブームにも火をつける」という覚悟を明らかにした。T-ARAが再び歌謡界の中心になるのかは11日、確認できる。

THE FACT|パク・ソヨン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング