【CLICK! STARWARS】 SUPER JUNIOR1位、韓流帝王の帰還...SM超強勢!

THE FACT JAPAN / 2014年9月11日 17時31分

人気グループSUPER JUNIORがカムバックと同時にトップに上がった。




K-POP総合ランキングチャート【CLICK! STARWARS】で、人気グループSUPER JUNIORがカムバックと同時にトップに上がった。
去る8日、韓国の音源サイトのBug Musicと<THE FACT>が一緒に展開する【CLICK! STARWARS】の9月第1週の投票が終了した中、イトゥクとヒチョルが加わったSUPER JUNIORが先週1位を占めたSHINeeのテミンを抑えて、新曲『MAMACITA』で1位を獲得した。テミンは先週、EXOのチェンを抜いて初めてトップになったが、すぐさまにその席を譲ることになった。
SUPER JUNIORは『MAMACITA』で35.0%の支持率を記録して総合1位を記録した。Fan pageではテミンに、Bug Musicの音源ランキングではWINNERとBlock.Bに押されたが、SNS投票で最も高い支持を得たのが功を奏した。テミンは最後までSUPER JUNIORと競合したが、惜しくも1位の座を奪われた。テミンはFan page部門で1位を、SNS投票でSUPER JUNIORに続き2位を記録するなど、1位に負けない活躍ぶりを見せた。
3位はヘンリーが獲得した。先週まで8〜10位にとどまっていたヘンリーは、Fan page部門でテミンに続く高得点を記録し、堂々と3位に上がった。4位は1位に上がった後、着実に人気を維持しているチェン。彼の後ろをチョン・ジュンヨンが追っている。特に1位から4位まではすべてがSMエンターテイメントに所属する歌手たちで、SMの超強勢が目立つ。BEAST、WINNER、INFINITE、キム・ヒョンジュン、Block.Bが6位から10位を形成した。
【CLICK! STARWARS】の総合ランキングは、ネットユーザーのUP・DOWN票25%、Fan pageの書き込み投稿数25%、SNS投票数25%、Bugs Musicの音源チャート25%で集計され、毎週月曜日の午後12時の締切りでトップ10を決める。ネットユーザーのUP・DOWN投票数は、DOWN3票がマイナス1票とカウントされる。
また、Fan pageに投稿した書き込み数、他のユーザーがその書き込みにアクセスした件数(アクセス数)、該当書き込みへのレコメンド(Recommend)数がもっとも多くカウントされたユーザーには、「Bestファン」としてUP票を追加で1回投票できる特典が与えられる。SNS投票の場合、1人のユーザーが1アーティストに対して3回まで投票ができ、他のアーティストへの多重投票が可能になっている。
1週間の投票でトップ10が決まる【CLICK!STARWARS】(http://starwars.sportsseoul.jp/home)は、毎週月曜日の午後12時に投票結果を発表しており、10週間連続1位を達成したアーティストと曲は「名誉の殿堂」入りという栄光に輝く。これまで「名誉の殿堂」に名をあげたのは、SHINeeの『Everybody』、EXOの『Overdose』だ。
現在【CLICK! STARWARS】のホームページでは、9月第2週目の投票が行われている。
THE FACT|オ・セフン記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング