1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

[REPORT] テティソ、少女時代をうのみにする“ユニットの反撃”が始まった!

THE FACT JAPAN / 2014年9月17日 16時33分

そんなミンホのコメントを受けながら、テティソはいっそう明るく余裕のある口調でアルバムを紹介し始めた。ティファニーは「今年の3月に『Mr. Mr.』の活動を終えて、日本でアリーナツアーを展開しました。その時すでにテティソの新譜作りに励んでいました。いろんなコンセプトを考えながらベストと思った6曲をまとめました」と説明した。
収録曲『私はあなたに(Whisper)』は、甘いメロディーにアコースティックの要素が加わったミディアムポップ。テティソのメンバーたちが愛する恋人に告白する気持ちを、ささやくように歌う楽曲だ。メンバーたちは「これまでのテティソは、ムードがあってセクシーな歌はしませんでしたが、今回は新しく挑戦してみました。この曲はメンバーらが一番好きな曲なので、もっとも早くお聴かせしたいと思って13日に先行公開しました」と口を揃えた。

『Stay』は、ドラムとシンセの清涼な感じが3人のボイスと調和された曲。ティファニーは「この曲は真夏に録音しました。だからビートとディスコがとても楽しいです。しかし、こうやって秋に発表することになりました。“旅立つ夏の思い出よ、行かないでここにいてほしい”という意味で聴いていただけましたら、一味違う楽曲になるはずです」とセンスのあるコメントでアピールした。
甘美な感じをたっぷりと込めた『Only U』は、末っ子ソヒョンが作詞した。彼女は「真実な愛を見つけて、永遠に守りたいという物語を書いてみました。今年の始まりに、両親とスイスのアルプスに旅行を行きましたが、目の前の雪景をみたら何かが浮かんできました。その一日で歌詞を完成したんです」と自慢した。
夏を感じさせる『アドレナリン(Adrenalin)』と『Stay』、秋の感性『私はあなたに(Whisper)』『Only U』がアルバムの調和を成し遂げる中、最後はタイトル曲『Holler』が飾った。テヨンは「『Holler』は重みのある曲です。アルバムの中に良い曲がたくさんありますけれども、その中心をとってくれる楽曲でもあります」と紹介した。
ビッグバンドブラスの重さに、メンバーらの個性満点なボイスカラーが混ざった『Holler』のステージが始まった。テヨン、ティファニー、ソヒョンは水を得た魚のように歌いながら情熱的なパフォーマンスを繰り広げた。観客はこの日一番の熱狂を上げながら3人を応援し、場内のボルテージは最高潮に達した。

ショーケースの終了後、記者会見で会ったテティソは、自信にあふれた覚悟と抱負を語ってくれた。「今までの少女時代とテティソがビジュアルパフォーマンスで推してきたなら、今回の武器はボーカル・パフォーマンスです。発展して成長していくアイコンになりたいです」「すべての気持ちを込めて歌っていきます」「私たちのさまざまな魅力を少しずつゆっくり楽しんでいただけるように見せていきます」と語る3人のメンバーは、もはや完全体を乗り越えるユニットの反撃となって、そのスタートラインに立っている。

THE FACT|パク・ソヨン記者


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング