ZE:A イ・フ、所属社に警告「他の事務所の不正も知っているが、我慢する」

THE FACT JAPAN / 2014年9月22日 10時4分

ZE:A のイ・フ(ムン・ジュンヨン、左四番目)がSNSを通じて所属事務所を批判した。|キム・スルギ記者




人気グループZE:Aのリーダーであるイ・フ(ムン・ジュンヨン、25)が所属事務所スター帝国との問題を円満に解決したと報告した後、他の芸能事務所に警告の言葉を残した。
「他の事務所がスター帝国の味方になる瞬間、その事務所の不正まで明かし、資料を公開する」と大暴露を予告したイ・フは、22日午前、自分のTwitterに「(他の事務所の不正を知っているが)うちの社長がお願いしたので、資料は公開しない」と語った。
彼は「メンバーたちの前で涙を見せながら謝罪するあるエンターテイメントの社長を見たら、もっと守ってあげたい気持ちになった。涙とともに“他の事務所のことは触れないで”とお願いしたので、我慢する。うちの社長が代表に謝罪したから」と暴露を中止した理由を説明した。
続いて彼は、所属事務所の社長が新たにZE:Aのメンバーたちと約束し、それを文書にも残したとして、社長の名前とサイン入りの文書の一部を公開した。
イ・フは「どんな内容があるのかは、これから僕たちだけが知ることにする。今日本当にたくさん泣いて、お互いの心が通じたのも感じた」と説明した。
一方、イ・フがリーダーとして所属しているZE:Aは男性9人組アイドルグループで、2010年シングルアルバム「Nativity」でデビューし、現在はバラエティ、ドラマ、映画などさまざまな分野で活発な活動を続けている。
THE FACT|オ・セフン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング