女優ミン・ヒョリン、ファッショングラビアで胸元を露出!“肉感的すぎる”

THE FACT JAPAN / 2014年9月28日 8時0分

女優ミン・ヒョリンの破格的なファッショングラビアが公開された。|提供:SURE


人気女優ミン・ヒョリン(28)が、ファッショングラビアで肉感的なボディを露出して、話題だ。
ファッション雑誌<SURE>は最近、ミン・ヒョリンをモデルにした秋のファッショングラビアを公開した。グラビアでヒョリンは、胸元を大胆に露出する破格的なデザインのブラックタンクトップ姿で魅惑的な表情を浮かべており、もう一枚のグラビアでは、露出を抑えて女性らしい魅力を誇示。堂々としたまなざしをみせるポーズと演技がいっそう魅力的な雰囲気を演出している。

グラビア撮影とともに行われたインタビューでヒョリンは、「見えるイメージと正反対の性格」としながら「ルックスから漂う感じを自然に演技することが課題です」と述べつつ「予想外のキャラクターを演じてみたいですね。映画『私の妻のすべて』の女主人公のように、口のうるさい女もいいですし、片思いに苦しむ役もやってみたいです」と抱負をみせた。また「キレイに見えることにあまり気にしないし、執着しないタイプだと思います。だから老けて見えると言われても気にしないかも」としながら「歳をとっていくほど、独特な雰囲気を持つ女優になりたいです」と率直な考えを打ち明けた。
2006年、某アパレルブランドのモデルとしてデビューしたミン・ヒョリンは、ドラマ「ロマンスタウン」、「サニー 永遠の仲間たち」、「500万ドルの男」、「風と共に去りぬ」などで主役を演じながら、人気女優として成長した。現在は来年公開を予定している映画「二十」の女主人公のチンジュ役を務めることになり、俳優キム・ウビン、2PMのジュノと息を合わせている。
THE FACT|イ・ゴンヒ記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング