少女時代 スヨンのドラマ「私の人生の春の日」、視聴率トップだが...10%にも満たない!

THE FACT JAPAN / 2014年10月17日 9時54分

俳優カム・ウソン(左)と少女時代のスヨンが主演を務める「私の人生の春の日」が、一桁の視聴率にも水木ドラマ1位を守った。|キム・スルギ記者




MBCドラマ「私の人生の春の日」が水木ドラマのトップに上がった。しかし視聴率は一桁にとどまっている。
17日、視聴率調査機関<ニールセンコリア>によると、前日の午後放送された「私の人生の春の日」は8.5%の全国視聴率を記録した。これは15日の放送分より0.1%ポイント下落した数値。10%にも満たない記録だったが、同時間帯ドラマの中では最も高かった。SBSの「私にはとても美しい彼女」は6.9%、KBS2TVの「アイアンマン」は4.3%の視聴率を記録した。
「私の人生の春の日」は、スヨンが少女時代という名札を外し女優として地上波ドラマに初進出する作品で、臓器移植で新しい人生を得た女性イ・ボミが自分に臓器を寄贈した女性の家族に会って特別な愛を育てていくヒューマンメロドラマ。臓器移植受益者に寄贈者の性格や習慣が転移される“細胞記憶説”がドラマもベースになっている。
THE FACT|イ・ゴンヒ記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング