SJ-M チョウミのソロデビュー曲にEXOチャンヨル&タオがフィーチャリング

THE FACT JAPAN / 2014年10月29日 18時32分

© SM Entertainment


ソロとしてデビューするSUPER JUNIOR-Mのチョウミが、1stアルバムのタイトル曲『Rewind』を通じて変身を予告している。
『Rewind』はレトロソウルとポップのソフトな感じに、メロディーを強調したコーラスが特徴的なR&B曲。時間をさかのぼって別れの前に戻したい男の気持ちを表現した歌詞が印象的だ。
特に同曲は、チョウミが韓国と中国で同時活動に乗り出すだけに、韓国語と中国語の2つのバージョンで制作。韓国語はEXO-Kのチャンヨルが、中国語はEXO-Mのタオがラップのフィーチャリングを務めることになり、その魅力をいっそう倍増させた楽曲でファンを魅了する予定だ。
チョウミのデビューアルバム「Rewind」は、10月31日に韓国の各音源配信サイトと中国のBaidu Musicを通じて全8曲の音源を先行公開する。CDアルバムは11月3日にリリースされる。
スポーツソウルジャパン|編集局

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング