映画「ビッグマッチ」のBoA、「チャンスと学びを与えてくれた作品」

THE FACT JAPAN / 2014年11月6日 14時6分

映画「ビッグマッチ」を通じて、韓国映画に初出演するBoA。|キム・スルギ記者




映画「ビッグマッチ」で韓国映画作品に初めて出演するBoAが、デビュー感想を明らかにした。
BoAは6日午前、ソウル・狎鴎亭(アプグジョン)CGVで開かれた映画「ビッグマッチ」(チェ・ホ監督)の制作報告会に出席し、「スギョンという役がとても魅力的に感じたので、出演を決心しました」としながら「『ビッグマッチ』は私にチャンスと学びを一緒に与えてくれた作品だと思います」と語った。BoAは「撮影しながら、たくさんのことを学びました。イ・ジョンジェ先輩と一緒に撮ったシーンが多かったです。アクション・スクールに通いながらアクションのことも身に覚えました。『ビッグマッチ』は私に多くのことを学ぶきっかけとなった、意味のある映画です」と付け加えた。
チェ・ホ監督はBoAをキャスティングした理由について「華やかな外観とは違って、内面に人間的ながらも強い面を潜めている女優だと思った。スギョンという人物がまさにそういうキャラクターだった。華麗な外観ではなく、内面の方がもっと魅力的だと判断して、彼女に提案した」と説明した。
「ビッグマッチ」は、悪党に拉致された兄を救うために、都心全体を舞台に繰り広げられる弟の無限疾走を描いたアクション映画。イ・ジョンジェ、シン・ハギュン、BoA、ラ・ミラン、チェ・ウシク、ソン・ホジュン、イ・ソンミンらが出演し、来る27日に韓国で公開される予定だ。

THE FACT|キム・ガヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング