「ビッグマッチ」イ・ジョンジェ、「役作りのために7Kg増やした」

THE FACT JAPAN / 2014年11月6日 14時32分

映画「ビッグマッチ」の主演を務めるイ・ジョンジェ。|キム・スルギ記者


元祖モムチャン俳優であり、最近チョコレート腹筋で再び話題を呼んでいる俳優のイ・ジョンジェ(41)が、キャラクター作りのために奮闘したエピソードを打ち明けた。
(モムチャン:筋肉質で美しい身体)
6日午前、ソウル・狎鴎亭(アプグジョン)CGVで映画「ビッグマッチ」(チェ・ホ監督)の制作報告会が開かれた。会見でイ・ジョンジェは「この作品をやることに決めてから、体重を増やさなければならないと思って70Kgから77Kgまで増やしました。もっと頑張りたいところでしたが、増やせることもなかなか難しかったです」と述べた。会見では、最近公開された映画のスチールカットに対する関心も寄せられ、見事な腹筋をみせてくれたイ・ジョンジェは「午前中は個人トレーニングして、午後からは格闘技練習をしました。相当な運動量でしたね」と語って笑いを誘った。
彼は今作で、勝負師の気質と執念を持つ不屈のファイター、チェ・イクホ役を演じる。天才的頭脳を持つ悪党エース(シン・ハギュン)に拉致された兄(イ・ソンミン)を助けるために、都心全体を舞台にしたとてつもないミッションに挑む。
映画はイ・ジョンジェを筆頭に、シン・ハギュン、イ・ソンミン、ラ・ミラン、チェ・ウシク、ソン・ホジュンなどの実力派役者たちが大挙出演し、ヒロインを演じるBoAは今作を通じて初めて韓国映画にデビューすることになった。11月27日、韓国で全国公開予定。
THE FACT|キム・ガヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング