ヨン様、映画制作へ

THE FACT JAPAN / 2014年11月11日 10時48分

俳優ペ・ヨンジュン。|スポーツソウルメディアDB


俳優ペ・ヨンジュンが映画制作に乗り出す。
11日、韓国映画業界によると、ペ・ヨンジュンが最大株主となっているKEY EASTの子会社であるコンテンツKが、新作映画「監獄から来た手紙」を制作するという。
映画は、濡れ衣を着せられた男が敵討ちをする内容。「サッドムービー」のクォン・ジョンクァン監督が企画から参加し、これからキャスティングを始める予定だ。映画界ではペ・ヨンジュンが制作者として臨むだけに、作品に出演する可能性も予測しているが、KEY EAST側は「制作と出演は別の問題」と一蹴した。
一方ペ・ヨンジュンは2011年、JYPエンターテインメントとタッグを組んでドラマ「ドリームハイ」を制作して話題を呼んだ。コンテンツKを立ち上げてからは「ウララ・カップル」「学校」などのテレビドラマを制作しており、最近は韓国の人気漫画「夜を歩く士人(原題)」の版権を購入し、来年ドラマとして放送を計画している。
スポーツソウルジャパン|編集局

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング