「2014 MMA」YGの底力!god、IU輝いた!(まとめ)

THE FACT JAPAN / 2014年11月14日 11時6分

「2014 MelOn MUSIC AWARDS」が13日午後、ソウルオリンピック公園・体操競技場にて開かれた。写真は、今年のアーティスト賞を受賞したIU。|ムン・ビョンヒ記者


YGへの異変はなかった。SOLの『EYES, NOSE, LIPS』が今年のベストソング賞を受賞し、トップ10、新人賞、エレクトロニカ、フォークソング部門もYGアーティストらが栄光の顔となった。今年のアーティスト賞は、IUが受賞。12年ぶり完全体としてカムバックしたgodは、今年のアルバム賞を受賞した。
13日午後、ソウルオリンピック公園・体操競技場にて「2014 MelOn MUSIC AWARDS」が開催した。IUはカバーアルバム「花しおり」と各アーティストのフィーチャリングを務めた楽曲で3つの大賞の一つである“今年のアーティスト賞”を受賞した。IUは「ありがとうございます。今年は本当に驚きのことがたくさんありました。私は宗教がないですが、神様がいらっしゃるのか運がよかったのか、ぼやぼやして恐ろしいほど感謝な年でありました。最後にはこうして大きな賞までくださって、本当に感謝します。私がやりたいということで事務所のスタッフたちがたくさん苦労しました。ありがたく思っています。そしてファンのみなさん、愛しています」と所感を伝えた。
“今年のアルバム賞”は、大先輩のgodが受賞した。今年の8月、12年ぶりにカムバックしたgodは、8thフルアルバムで本賞を受賞し、もう一つ意味深い大きなトロフィーを手にした。代表としてステージに上がったソン・ホヨンとデニー・アンは「嬉しいながらも、メンバーらと一緒にできなくて寂しいです。賞をためではなく、みなさんにまたお会いできたことが嬉しかったです。これからも長くgodを守っていきます」と感無量なことばを伝えた。
最後に残った大賞、“今年のベストソング賞”は、SOL(BIGBANG)の『EYES, NOSE, LIPS』が受賞した。彼は『このような素晴らしい賞をいただいても良いのかわかりません。今回のアルバムは、自分より周りの方々がたくさん助けてくださいました。彼らがいらっしゃらなかったら、この賞はとれなかったんだと思います』と感激した。


YGの底力は予想通りだった。SOLが“今年のトップ10”と“今年のベストソング賞”を受賞したに続き、WINNERも“今年のトップ10”“新人賞”を受賞した。授賞式に出席しなかった2NE1は“今年のトップ10”“エレクトロニカ部門”を受賞し、楽童ミュージシャンも“今年のトップ10”“フォークソング部門”を受賞する結果となった。
BEASTは2年連続受賞に輝いた。“今年のトップ10”、ファンの応援が作ってくれる“ネチズン人気賞”を獲得し、BEASTはファンに栄光を伝えながら「もっと一生懸命がんばる歌手になります。ありがとうございます!」と力強く叫んだ。
今年の授賞式には、“トップ10”をはじめ、アーティスト賞、ベストソング賞、アルバム賞、新人賞などのメイン授賞と、ネチズン人気賞、ホットトレンド賞、OST、バラード、ダンス、ラップ&ヒップホップ、R&B SOUL、エレクトロニカ、フォークソング、ロック、インディーズ、ミュージックビデオなど全19部門での授賞で行われた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング