ZE:A ドンジュンとヒチョル、ウェブドラマで“中国上陸”

THE FACT JAPAN / 2014年11月18日 13時37分

ZE:Aのヒチョルとドンジュン(右)がそれぞれのウェブドラマで中国に進出した。|キム・スルギ記者




ZE:Aのドンジュンとヒチョルがそれぞれの出演作ドラマで中国大陸に進出した。
ヒチョルは17日、北京で開かれたウェブドラマ「人形の家」PPTV放送記念発表会に出席し、初主演の喜びを表した。同席にはドンジュンも出席し、お祝いの拍手を送ったという。ドンジュンは今年1月にウェブドラマ「後遺症」を通じて、すでに中国のファンを魅了した。同作品は現地で6000万ビューを記録した大ヒット作。そのためドンジュンに続いてヒチョルまで高い期待を受けている。
所属事務所のスター帝国の関係者は「ウェブドラマの主人公にZE:Aのヒチョルとドンジュンがそれぞれキャスティングされて、国内だけでなく海外でも多くの愛を受けている。さまざまな姿を見せ、さらに発展するよう努力する」と明らかにした。
「人形の家」は、韓国、中国、米国で同時に放映されるウェブドラマで、全12部作。16日からスタートした「人形の家」は、28日まで放送される予定だ。
THE FACT|パク・ソヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング