CNBLUEとFTISLANDの所属事務所FNCが上場へ...上半期売上が30億円!

THE FACT JAPAN / 2014年12月3日 9時50分

FNCエンターテイメントが4日、韓国のコスダックに上場した。|FNCエンターテイメント




CNBLUEとFTISLANDの所属事務所FNCエンターテイメント(代表取締役ハン・ソンホ)がコスダック市場に進出する。
韓国証券取引所は2日、エンターテイメント専門企業であるFNCのコスダック市場の新規上場を承認した。これにより、FNCの株は4日からコスダックを通じて取引が開始される。FNCは、2006年に設立された以来、FTISLAND、CNBLUE、AOAなどの音楽ファンに多くの人気を得ているアーティストを輩出してきた。今年上半期の売上高は291億ウォン(約29億円)で、純利益は日本円で約4億円。
FNCは、国内最大のアーティスト育成アカデミーを運営しながら、音楽プロデューサー、演技者、放送人など、多様な分野を網羅するエンターテイメント企業。所属演技者とタレントには俳優パク・クァンヒョン、イ・ドンゴン、女優イ・ダヘなどが所属し、歌手にはFTISLAND、CNBLUE、AOAなどがいる。最近3年間、平均売上増加率95%を記録し、国内トップクラスのエンタ企業に背伸びした。
THE FACT|オ・セフン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング