FNCエンタ、上場初日10%上昇...“SM-YG-JYP”に激変か?!

THE FACT JAPAN / 2014年12月5日 20時0分

FNCエンターテイメントが韓国コスダックに上場した初日、10%の近い上昇率を記録した。|FNCエンターテイメント




CNBLUEやFTISLANDなど人気バンドが所属しているFNCエンターテイメントが、上場初日に高い上昇率を記録しながら取引を終えた。
先日4日、2万5200ウォンで取引を始めたFNCエンターテイメントの株は9.52%が上がった2万7600ウォンで同日の取引を終えた。最高値は2万8950円で、最安値は2万5200ウォンだった。芸能エンターテイメント企業の上場は、業界の3大プロダクションであるSMとYG、JYPに続いて4番目になる。FNCの時価総額は1740億ウォンで、SMの7257億ウォン、YGの7088億ウォンに続き3位に上がった。
FNCの株価好調でSM-YG-JYPにつながる「ビッグ3」の構図に変化が起きる可能性が高い。FNCは今年上半期に売上高291億ウォン、純利益41億ウォンを達成した。
THE FACT|キム・ガヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング