少女時代、初の東京ドームコンサートが大盛況!5万人のファンがピンク色熱狂

THE FACT JAPAN / 2014年12月10日 10時38分

© S.M. Entertainment


ガールズグループの少女時代が東京ドームでの初コンサートを大盛況のうちに終えた。
9日午後6時半から始まった『GIRLS’ GENERATION「THE BEST LIVE」at TOKYO DOME』は、およそ5万人の日本ファンを動員しながら少女時代の人気と影響力をもう一度実感させる公演となった。
特に今回の公演は、少女時代が東京ドームで開催する初の単独コンサートだけに、全席のチケットが完売されるなど公演前から熱い話題を呼んだ。少女時代は日本デビュー4周年を迎え、これまでの活動を集大成した公演を用意。日本活動のすべてを総網羅した特別なレパートリーでファンを熱狂させた。
さらに少女時代は、今年3度目となるアリーナツアー「GIRLS’ GENERATION ~LOVE&PEACE~ Japan 3rd Tour」を成功的に収め、2011年から始まった同公演は、累積観客数55万人を記録。韓国出身のガールズグループ史上、最多観客を動員する圧倒的な人気を誇示した。
今回の公演では、『Gee』『GENIE』『MR. TAXI』などのヒット曲ステージをはじめ、『FLOWER POWER』『GALAXY SUPERNOVA』などの日本ヒットシングルステージも披露し、韓国ガールズグループ史上初にオリコン週間アルバムチャートで2週連続1位に上がる快挙を収め、日本初のベストアルバム「THE BEST」に追加収録された新曲『Show Girls』『Chain Reaction』『DIVINE』のステージを初めて公開するなど、約3時間におよんだ公演で全27曲を披露しながら、多彩な魅力をお届けした。

公演場を埋め尽くした現地ファンらはコンサートが終わるまで起立して少女時代を応援し、すべての楽曲を一緒に歌ってくれる情熱をみせる一方、少女時代を象徴するピンクのペンライトでドーム内をピンク色で染める壮観を演出しながらメンバーたちを感激させた。特に少女時代がデビュー曲である『また巡り逢えた世界』をバラードでアレンジしたステージを披露すると、多くのファンは涙をみせながらメンバーたちと共感する感動の場面も見られた。
公演を終えた少女時代は、「デビューの時から夢見ていた東京ドームコンサートができて本当に幸せです。この舞台はファンのみなさんがくださった大切なプレゼントだと思います。いつも応援してくださって感謝しますし、みなさんからの愛はかけがえのない宝物です。これからもみなさんと一緒に成長していく少女時代になります」と感想を伝えた。
スポーツソウルジャパン|編集局

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング