東方神起 チャンミン、「夜を歩く士」制作報告会でユンホを言及… “いつも頼もしい存在”

THE FACT JAPAN / 2015年7月7日 16時41分

MBS新水木ドラマ「夜を歩く士」の制作報告会が7日、ソウルのMBC新社屋にて開かれた。写真は、劇中イ・ユン役を演じる東方神起のチャンミン。|写真:ナム・ユンホ記者


東方神起のチャンミンが、入隊を控えているメンバー・ユンホについて言及した。
7日午後、ソウルの上岩洞にあるMBC新社屋にて、新水木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン)の制作報告会が行われた。会見中、ユンホの入隊と関連した質問を受けたチャンミンは、「昨日東京でSMTOWNの公演があってひとりで行ってきましたけれども、すごく寂しい気持ちでした」と打ち明けた。
彼は、「歌手活動をする時は、二人で一緒にいるからいつも頼もしいです。早くまた二人でステージをやりたい」と述べつつ、「兄さんが軍隊に行く前にたくさん会っておきたいです。時間があれば一緒にご飯も食べたいですし…それが難しければ、長電話でもしながら見送りたい気持ちです」とユンホへの愛情を表した。
新ドラマ「夜を歩く士」は、悲劇的な事件で初恋の人と仕えていた世子を失い、バンパイアとなったソンヨルが、愛する人たちの死にまつわる事件を暴いていくところで男装の冊儈 ヤンソンに出会えてから起きる物語を描くファンタジーメロ時代劇。大ヒットドラマ「コーヒープリンス1号店」を手がけたチャン・ヒョンジュ脚本家と、「太陽を抱く月」「奇皇后」など人気時代劇を演出したイ・ソンジュン監督がタッグを組み、イ・ジュンギ、イ・ユビ、チャンミン(東方神起)、イ・スヒョク、キム・ソウンが主役を演じる。7月8日(水)夜10時、韓国MBCチャンネルから初放送
THE FACT|チョン・ジニョン記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング