BIGBANG、9月アルバム発表延期へ…リチャージの時間が必要!

THE FACT JAPAN / 2015年8月18日 17時47分

© JYP ENTERTAINMENT


5月から最近まで、シングル「MADE SERIES」を発表したBIGBANGが、9月1日に発売を予定しているフルアルバムの発表をしばらく延期することに決定したと18日、所属事務所のYGエンターテインメントが伝えた。
YGは、この4ヶ月間を強行してきたBIGBANGにリチャージの時間が必要と判断。メンバーたちからも、正規アルバムであるだけに、より完成度の高い制作のため追加で新曲作りをしたいという意見が伝わり、韓国の放送活動のために約3週間を空けておいた9月のスケジュールを、メンバーたちの休息と新曲制作に活用することにした。発売延期についてはファンの了承を得ているという。
一方、22日に放送されるMBCバラエティ「無限に挑戦」の特集編『2015嶺東高速道路歌謡際』では、G-DRAGONとSOL、番組のレギュラーを務めるZE:Aのグァンヒが結成したユニット“ファンテジ”(ファン・グァンヒ+テヤン:SOL+ジードラゴン)の楽曲『マプソサ(なんてこった)』が初披露。音源も配信されると予想され、ファンの期待が高まっているところだ。
THE FACT|芸能チーム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング