少女時代 テヨン、ソロ曲『I』MV ニュージーランドでオールロケ!歴代級映像を予告

THE FACT JAPAN / 2015年10月2日 15時10分

© S.M. Entertainment


少女時代のテヨンがソロ新曲『I』のミュージックビデオで歴代級となる映像誕生を予告した。
テヨンの初ソロアルバム「I」は、10月7日(水)の午前0時より、MelOn、genie、NAVER MUSICなどの音楽サイトを通じて音源配信を開始する。(CDアルバムは8日発売)タイトル曲である『I』は、テヨンが初めて作詞に参加した楽曲で、エレクトリックギターと強烈なドラムサウンドが調和を成したミディアムテンポのポップナンバー。ヒップホップミュージシャンのVerbal Jintがラップフィーチャリングを担当したことで、早くも話題を呼んでいる。
さらに、タイトル曲『I』のミュージックビデオ撮影は、ニュージーランドのオークランドでオールロケーションを行い、大自然を舞台にした雄大なスケールとテヨンの特別な感性が感じられるシーンで構成され、新しい音楽と調和を成した美しい映像美を描いているという。

また、2日(本日)の午後には、映像を製作しシェアできるSMエンタのアプリケーション“everyshot”(http://www.everyshot.co/)や、テヨンのInstagram(http://instagram.com/Taeyeon_ss/)を通じて、彼女が自から撮影した18秒くらいの映像がサプライズされることで、MVのフルバージョンに対するファンの期待はいっそう高まる見通しだ。
テヨンは8日に放送されるMnet「M COUNTDOWN」での新曲初ステージを皮切りに、9日はKBS2TV「ミュージックバンク」、10日にはMBC「ショー!音楽中心」などに出演しながら、本格的なソロ活動に乗り出す予定だ。
THE FACT JAPAN

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング