CNBLUE ヨンファxソヌ・ジョンア、コラボ曲が遂にベールを脱ぐ

THE FACT JAPAN / 2016年1月15日 17時30分

『口気』、『花火』MVキャプチャー

CNBLUEのジョン・ヨンファ、実力派女性ミュージシャンのソヌ・ジョンアによるコラボレーションプロジェクト「交感」が遂にベールを脱いだ。2人が歌うデジタルシングルのデュエット曲『口気(Hello)』と『花火(Fireworks)』は、15日午前0時から主要音楽サイトを通じて音源配信を開始した。ジョン・ヨンファが作曲を担当した『口気(Hello)』(https://youtu.be/JgsBzZZGpGc)は、突然浮かんでくる過去の恋の瞬間を淡々と表現し、甘くて洗練されたヨンファのボーカルに叙情的な雰囲気を醸し出すソヌ・ジョンアのボイスが合わさってしっとりと歌うバラード。ソヌ・ジョンアとジョン・ヨンファが共同作曲した『花火(Fireworks)』(https://youtu.be/A8QJ0ZnNX0E)は、恋人に対する愛情と美しかった愛の瞬間を花火に比喩。彼女のリズミカルなボイスと、ヨンファの清らかで弾力的な音色が調和されたポップダンスジャンルの楽曲となっている。
特に、音源配信と同時に解禁された『口気(Hello)』のミュージックビデオは、ワンテイク技法で撮影してそれぞれの恋物語を詠ずる2人の感情が自然に流れるように表現されており、『花火(Fireworks)』は、宇宙を連想させる夢幻的な映像美で視線を引きつけた。実力派シンガーソングライターとして活躍するジョン・ヨンファとソヌ・ジョンアによるコラボプロジェクト「交感」を“運命と縁”と定義しながらシナジーを作り上げた2人のデュエット曲は、今冬にぴったりな音楽としてオーディエンスたちを魅了している。THE FACT JAPAN

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング