新ドラマ「笛を吹く男」の監督、「プレッシャーを感じるが、最善を尽くす」

THE FACT JAPAN / 2016年2月25日 17時35分

25日午後、tvNの新月火ドラマ「笛を吹く男」の制作発表会が開かれた。|tvN

期待の新ドラマ「笛を吹く男」のキム・ホンソン監督が、ドラマ興行に対するプレッシャーを打ち明けた。25日午後、ソウルで開かれたtvNの新月火ドラマ「笛を吹く男」(脚本:リュ・ヨンジェ、演出:キム・ホンソン)の制作発表会には、キム監督をはじめ、主演のシン・ハギュン、チョ・ユニ、ユ・ジュンサン、チョ・ジェユンが出席した。キム監督は、最近、tvNドラマが視聴者からたくさんの愛を受けていることについてプレッシャーを感じると吐露しながら、「もっと頑張ろうとしている。うまくいけそうな予感がする」と覚悟を明らかにした。続いて「笛を吹く男」だけの魅力については、「人生を生きていると、さまざまな対立が生じる。そんな時はほとんど多数の意見に沿って行動することになる。それが正しいと学んだからだ。多数の意見っていつも正しいのかを考えてみようというのが、このドラマの出発点だ」と説明した。ドラマ「笛を吹く男」は、一触即発の状況でも諦めず、最後まで対話で問題を解決する危機交渉チームの活躍と、社会を揺さぶる“笛を吹く男”との対決を描く。3月7日、韓国で初放送される予定だ。THE FACT|イ・チェジン記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング